FPS用ゲーミングデバイスを揃える

いざFPS用ゲーミングパソコンを購入してFPSを開始して、その後細々と色々ものがそろえたくなります。
また、上達するにつれ、プレイ環境をすこしでもよくして、上を目指したくなることも事実です。
上達だけでは超えられない壁があることも事実です、そういった際に選んだほうが良い、道具選びについて書いていきたいと思います。
この道具があれば上達するわけではありませんが、あればコンマ1秒を争う世界で少しでも生き抜けると思います。

モニターについて

モニターは応答速度の良いモニターを選びましょう、これはどんなゲームでも言えることですが、応答速度が遅くなれば、目に到達する情報と今現状行われているゲーム状況と誤差が生じてしまいます。
とくにFPSでは一刻を争う状況です、0.001秒の差でヘッドショットされることもあります、少しでも速く状況判断するために、応答速度の速いモニターを選択しましょう。
応答速度は1msなどと表記されております、普段仕事や生活で使うようなモニターにはこんな応答速度はいりませんが、ゲーム、とくにFPSとなると話が違ってきます。
また、ゲームが対応しているようであれば、最近流行の湾曲モニターなども視界を一気に確認できて良いと思います。
ただ、あまりに広すぎると結局首を左右にふらなければならないので、ほどほどの大きさが良いと思います。

マウスについて

マウスも反応速度の良いもの、また登録ボタンの多いゲーミングマウスと呼ばれるものが良いです。
通常使っているマウスとはやはり、反応速度から微妙な設定まで色々と変更がきき、自分の癖などにあわせやすくなるからです。
パソコンを買ってついてくる付属のマウスには自分をあわせなければなりませんが、ゲーミングマウスなら自分にあわせることができます。
中には重りで重さを変更できたりするものもあり、自分に丁度良い持ち心地であるものを選びましょう。

マウスパッドについて

マウスパッドはなるべく大きくて広く、また摩擦が少なく動かせるものが良いでしょう、変に光沢があると、ポインタが微妙なズレを生じたりしてAIM時に誤差を生んでしまいます。
性格に相手を狙撃する必要があるFPSでは命取りです。

キーボードについて

こちらもゲーミングマウスと同様、ゲーミングキーボードというものがあります。
何が違うの?と言われれば、同時押しの入力に対応していたり、やはりマクロなど、ある程度の操作をキーに割り当てられ覚えさせられるので、面倒な操作を1ボタンでこなせるのはありがたいことです。
高価なものが多いですが、キーの押し心地も良いものが多く、また仕事で活用する操作を覚えさせてショートカットキーなどに割り当てれば、仕事やプライベートでも楽ができます。

左手用キーボードについて

左手デバイスなんて呼ぶ人もいます。FPSの操作に特化した、小型のキーボードです、これもあると非常に便利です、本格的にFPSをプレイしたい人は所持すると良いでしょう。

ヘッドセットまたはスピーカーについて

FPSでは音も重要な要素です、敵の足音、リロードの音などを聞き逃さないようにしましょう。
できるだけ良い音の環境をつくり、前後左右から音を聞き漏らさずにするようにしたいところです。

椅子、机について

極度の緊張状態においては、少しでも集中できるように身体に負担をかけない机、椅子があると良いです、自分の身体にあった机と椅子を選びましょう。
上記のような環境づくりにとりくめば、0.001秒の世界を少しでも早く動けるようになり支配できると思います。
全て揃えるとなると、結構は出費となるので、負担にならない程度に楽しく揃えて行くほうがストレス無く楽しめます。
一番楽しむのは、ストレス無く、快適に、という心持だと思います。